使える英語で夢をかなえる「英語のツボ」
英語の悩みに決別宣言
TESOL  英語教授法
英語を母国語としない人達のための英語教授法


TESOLとは?

あまり聞かない言葉だと思います。TESOL とは Teaching English to Speakers of Other Languages の略です。英語を第二言語として学習する人のための英語教授法です。もちろん、言語学を元に出来上がっており、大学院(修士過程)で学ぶ学問です。本文では「英語教授法」と言っています。

さて、一つ質問をさせてください。

あなたは日本語を外国人に教えることが出来ますか?

もし、「もちろん!だって母国語ですもの!」と、あなたが答えたとすれば、英語はなかなか伸びないと思います。

もし、誰でも教えることが出来るのならば、「日本語教師」という職業に資格はなくても良いですよね?

自分が話している言語を他の言語を話す人達に教えるという事は非常に難しいことなのです。

例えば、あなたに外国人の友達が出来たとしましょう。
そして、日本語を教えてくださいと言われたとします。

どうやって教えますか?

「あ、い、う、え、お」から始めますか?
それとも、「こんにちは!はじめまして!」と会話から始めますか?
それとも、日本語の発音から教え始めますか?

困ってしまいますよね?母国語を教えるというのは非常に難しいのです。

では、逆に考えてみれば分かりますね。
英語を母国語としている人達に教わっても、英語がいまいち伸びない理由。

英語のネイティブスピーカーから教われば、効果的に英語が話せるようになる。

と言うのは間違いであることは、明白です。
彼らは英語が話せると言うだけで、教えることに関しては
素人だからです。

例えば、大手英会話学校で教えている人達が、英語を教える技術、TESOLのような技術を持っているのか?
と言えば、答えはNOでしょう。もちろん、持っている人も居ると思いますが、彼ら、彼女達のほとんどが、
いわゆる、英語を母国語としていると言うだけなのです。

もちろん、英語のネイティブスピーカーから英語を学ぶ利点はあります。
まず、質問ができると言う点です。そして、会話が出来るという点です。

日本人のためだけに的を絞った英語教授法

TESOLは言語学に基づき、様々な国の人に英語を教える方法を見出しています。
しかし、教える側が教わる方の癖を知っていないといくら優れた教授法でも、その効果は半減します。

英語を習得しようとしている人達の癖をしっかりと認識し、適切な指導をしなければ、発音、リズムを含む、
相手に伝わる英語を教える事は非常に難しいのです。

だから、先生にも得意分野が存在します。

例えば、私は日本人を教えることが得意。
私は、スペイン語を話す人を教えるのが得意。

そのように得意な部分が分かれてきますが、ここが一番大事なところです。

英語を第二言語として習得するプロセスを知らない人には、中々見えない問題点があると言うことです。

英語が出来なかった著者が苦労して身に付けた実践的な英語学習法をスパイスに、
英語教授法を展開して行っているので、実践的なものになっています。

そして、
本書はコミュニケーションをするために必要なTESOLの理論を筆者の経験を元に
日本人のためにまとめました。

 英語を学ぶ上で知っておかなければならないこと、
 外国人(この場合は、日本人)が注意しなければならない点、
 どうすれば実践的に通じる英語を教えることが出来るのか?

以上に的を絞って本書はあらゆる角度からコミュニケーション英語を追求してます。

このTESOL(英語教授法)と私の海外での経験をブレンドしてから生まれたのが「英語のツボ」なのです。

「英語のツボ」本文へ戻る
ご質問などのメールはこちらまで
© 2005-2006, モテる留学 英語のツボ, All rigyht reserved.