「0からの英会話」ついに誕生いたしました。

初心者の方が如何に日本に居ながら英語を話せるようになれるのか?

思い切って"\( ̄^ ̄)゛ハイ!!って胸を張って言わしてください。

日本の日常に身をおきながら、他言語を学ぶ秘訣は何なのか? 案外簡単なことなのだが、あまり知られていないこと。

勉強は、机に向かってするものと教わった我々日本人。単語や熟語は書いて覚える、ゴロで覚える。
試験で出てくれば、「あ〜、勉強してて良かった (´▽`) ホッ」
ひたすら繰り返す、ひたすら聞きまくる。

それはそうなんです。しかし、応用がなかなか利かないんですね。
もちろん、形にはまったものを何度も繰り返すことによって本質をつかむことが出来るも事実です。

「基本・応用・工夫」の繰り返し

よく考えていただければ分かるのですが、スポーツでも何でも、

基本⇒応用⇒基本⇒工夫⇒応用⇒基本⇒工夫⇒応用⇒工夫⇒基本⇒応用⇒工夫

と、向上するためには、基本から始まり、応用(修練)し、工夫をし、また基本に返る。

と、上の図のように常に基本に戻り、そして、応用し、よりよくパフォーマンスするための工夫をするのです。一周すれば、当然、レベルアップが期待されますから、平面的にくるくる回っているのではく、今度は昇り竜のように回旋しながら向上していきます。

日本人は、おそらくは、基本はすばらしく出来ている。そして、単語を覚える術も知っている。

しかし、残念なことに、その覚えたものを使って、使い心地を試す機会がない。だから、実践でどうすればよいかと言う工夫がなかなか生まれないのです。

このメルマガは、日常に英語を使う術をあなたに提供します。後は、繰り返し行い、自分で工夫しドンドン実践向きに変えていけばよいのです。

もっと具体的に言いますと、基本の繰り返しによって下地を作り、応用(修練)することによって、自分の強いところ、弱いところを知る。そして、工夫に入る。

このメールセミナーでは、初歩的な工夫と応用に3ヶ月間じっくりと取り組んで頂きます。
そうすることによって、

 毎日どのように英語に接すればよいのかが分かります。
 自分の長所、短所が見えてきます。だから、
 英語を勉強する上で自分がどう進んでいけばよいのかが分かります。
 実践英語の感覚を身に付けることができます
 応用が利くようになります。

3ヵ月後にはあなたの英会話力は見違えるようになっているはずです。


どのように創意工夫をすればよいのか分からない。そんな時は、「英語のツボ」を読めば、実践に対応できる方法が載っています。


自分の英語を見直したい人にも、ぜひ読んで欲しいメルマガです。


メルマガと同時進行で行って欲しいと心より願っております。そうすると必ず違った自分に出会うはずです。

Knock, and it shall be opened unto you.
叩けよ、さらば開かれん


* 現在のところ、「メールセミナー」のみの販売は行っておりません。基本パックお得パック追求パックに含まれております。
ページトップへ

copyright 2005-2006 © www.mote-ryu.com